イギリス 旅と介護とボランティア(*゚▽゚)ノ

とある介護福祉士のブログ
英国障害者施設でボランティアワークしながら過ごしています。
英語、生活、文化、福祉、介護いろいろ感じたことを書いていきます( ´△`)アァ-

旅日記 オランダ

アムステルダム国立美術館とケルンの大聖堂

最終日は、アムステルダム国立美術館へ。

IMG_20180222_100135
I amsterdam の文字が大きすぎて、写真に納まりきらない(;へ:)



IMG_20180222_093015

美術館の内部\(^▽^)/

素敵!

IMG_20180222_093430

オランダ出身の画家 レンブラントの”夜警”

周りに、似たような集団肖像画がたくさんあるのですが、
やっぱり、この絵がただの集団肖像画には見えなかったです。




IMG_20180222_093233

オランダ出身の画家 フェルメール 牛乳を注ぐ女

小さい絵なんですけど、とても輝いて見えました。

ロンドンのナショナルギャラリーのフェルメールより、色彩が輝いているように感じましたね。

もう一回ナショナルギャラリーにいって確認してみよう(*゚▽゚)ノ



IMG_20180222_094756

こちらもオランダ出身のゴッホの自画像です。
すぐ近くにゴッホ美術館があるのですが、そちらには時間的に行けませんでした(;へ:)

しかし、フェルメール、レンブラント、ゴッホと鑑賞できたので
かなり初心者でも楽しめる美術館でした。



他にも、アンネの家や、花市場とか他にも行きたいところはたくさんあったんですけどね。
時間的に間に合わなかったです。




というわけで、11時にはアムステルダム中央駅から

3つの駅を乗り継いで、

ケルンへ

IMG_20180222_103517
↑ アムステルダム駅で発見!日本のコロッケの起源だというコロケットの自動販売機!

IMG_20180222_103722
↑ コロケット!クリームコロッケみたいなテイスト。



さあ、ケルン駅到着!!

駅を降りるとすぐに

世界遺産の大聖堂!!


DSCF0661

大聖堂自体はすてきなんですけどね、街並みとかはいたって普通の街並みで、
以外にもケルンでは、情緒などは感じられませんでした。

ちょっと時間を持て余してしまった。

IMG_20180222_182410
というわけで、ビールを1杯(*゚▽゚)ノ




DSCF0668

最後、橋と大聖堂の夜景を写真におさめて帰りの飛行機に搭乗しましたよ(*゚▽゚)ノ





↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村

アムステルダムの夜((o(;△;)o))

夜はとりあえず、
アムステルダムが産地の

ハイネケンを1杯(´_ゝ`)

IMG_20180221_204023

その後、有名な飾り窓地区にも行ってみました。
いわゆる売春街です。

でも観光地化されていて危ない雰囲気はなかったです。

女性の観光客もたくさんいましたね。


DSCF0650
↑飾り窓地区の歴史を伝えるミュージアム。

危ない雰囲気はないんですけど、娼婦のお姉さんにカメラを向けるのは厳禁。

どこかの国のカップルがお姉さんの写真を撮ったみたいで、

ビッチ!ビッチ!ビッチ!ビッチーーー!!!!

と、本気で切れられていました!

DSCF0461
↑コーヒーショップという名のマリファナの店。

アムステルダムは至る所でマリファナの匂いがしました。

マリファナって独特な匂いなんですね。
思っていたより草っぽい匂い。

そこら中でその匂いがするので、
マリファナの匂いがわかるようになりました(笑)


ホテルは10人の共同のドミトリータイプのホステル。

隣のベッドでは、

ゲイカップルがなにやら愛を語り合った後、

ちゅっ

また、なにやら愛を語り合って

ちゅっ

と話してはキス、話してはキスをずーっと繰り返してるし



反対側はレズのカップルが、

マリファナの匂いをプンプンさせながら、

テンション高くずっと笑ってました。



ほんと、朝まで、寝れなかったです((o(;△;)o))





↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村

オランダ高齢者住宅と地域包括センター見学

オランダは歩いてみただけですぐに気づくんですが、

全部干拓地なんですね。

全部、自分たちの手で作った土地なんです。

だからなのか、パイオニア精神に溢れているのでしょうかね。

伝統的な建物もたくさんあるのですが、

斬新な現代建築物がたくさんありました。

DSCF0586
↑高齢者向け住宅 オクラホマ

世界的建築家のMVRDVという集団が作ったんだそうです。

柱がない!!




DSCF0587
↑この下を通るのはちょっと怖い。



DSCF0591
↑裏からみたオクラホマ



DSCF0603
↑オクラホマからほど近い、地域包括介護看護センター

館内は撮影できなかったのですが、
ちょうどデイサービスの送迎待ちのかたがたいて、
みなさん笑顔でハローと言ってくれました。

そのとき思ったけど、やっぱりオランダの女性はでかい!
180センチ以上ある人が結構いる。
それで、そのとき、車いすがとにかくでかい!っていうのが第一印象でした。

手前は認知症などの方のための建物。
奥高い建物は、下のほうはリハビリやデイサービスのほかレストランが併設されていて、
上のほうは高齢者住宅になっているとのこと。




DSCF0604



館内は撮影できなかったのですが、
ちょうどデイサービスの送迎待ちのかたがたいて、
みなさん笑顔でハローと言ってくれました。

そのとき思ったけど、やっぱりオランダの女性はでかい!
180センチ以上ある人が結構いる。
それで、そのとき、車いすがとにかくでかい!っていうのが第一印象でした。

オランダでは
転倒する不安や認知症で安楽死できると聞いていたので
案内してくれたスタッフの方に実際どうなのかって聞いてみたのですが、、、。

僕の英語力不足と知識不足で
的を得ない質問になってしまいました(;へ:)


普通の職員が案内してくれただけなので難しいことも聞けなかったです。
装いが、完全に旅人ですし、、、。


DSCF0601
↑公立の施設とするとやっぱり派手な作りです。


DSCF0617
↑周囲は運河と巨大な団地群。




DSCF0623
↑その後、アムステルダム駅からほど近い、地域のコミュニティセンターへ

だいたい6時ごろですかね。
有名なビュートロゾフのような訪問介護事務所や教会、体育館などが入っていて、
お年寄りが集まって話をしたり、子供たちが体育館で遊んでいました。




DSCF0622
↑地域のコミュニティセンターの中

こうやって、地域の人たちがあつまる公的な施設から1分もしないところに
マリファナが吸える喫茶店があったりする衝撃(´_ゝ`)

不思議な国 オランダです。


↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村

オランダといえば、、、風車とチューリップ(*゚▽゚)ノ

オランダといえば、、、

風車とチューリップ\(^▽^)/

ですよね。。。

でも、ちょっと離れたところにしかないそうなので、普通にツアーを申し込み(*゚▽゚)ノ


フォーレンダム、マルケン、ザーンセ・スカンスの風車村 半日観光ツアー <英語/アムステルダム発>


いろんな国の人がこのバスツアーに参加していました。

基本的には英語とスペイン語なんですけど、バスの車中は日本語のガイドも聞けるので、より深く内容を知ることができましたよ(*゚▽゚)ノ


DSCF0508
↑ ブレーメンで購入した人形と風車(^^)/

DSCF0510
↑ まるでターナーの絵画のような風車。

一時期、オランダは風車の力で世界の覇権国になったのは事実らしい。
風車の力で、造船期間が他国の3分の1で済んだんだそうです。



DSCF0526
↑ 木靴の実演販売。10分ぐらいでただの木が靴の形に変わった!

木靴っていうと、なんか昔の靴って感じだけど、
オランダでは普通に履いてる人たくさんいるんだってさ(´_ゝ`)

でも、軽いし、乾きやすいし、泥炭地には確かにいいかも!
よく考えたら、日本にも下駄があったわ。

DSCF0539
↑運河クルーズ。オランダはラガービールが豊富です!!


DSCF0540
↑船で到着した場所。観光地っぽいところで、お土産屋さんがいっぱい。

もはや、言われるがままに来ているので、どこにるのか自分でもよくわからず。


DSCF0543
↑そのあと、チーズ工場を見学。

試食がたくさんあったので、パクパク食べました。
チーズ旨し!
でも買いません。飛行機に持ち込むのがめんどくさいから。

DSCF0572
↑ 一押し!!!

ハーリング!ニシンの酢漬けです。

てかほんとに しめ鯖の寿司

パンが柔らくてほんとシャリみたい!!

まさかの超うまし!!

てか、オランダ人って生魚食べるんだね

新しい発見。やわらかいに刺身と醤油ってあうのかもしれないと思った。



DSCF0577
↑オランダ名物のスィートワッフルの実演販売。

ここでも、たくさん試食しましたよ~!
スタッフ用にお土産買っていったんですけど、、、。

無理にパッキングしたから、、、ボロボロになっていました(;へ:)




DSCF0472


チューリップは時期じゃなかったんでね(;へ:)
お土産の木製のチューリップです\(^▽^)/

やっぱりカラフルな花は、インスタ映えしますな~


↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村

ブレーメン→アムステルダム

ブレーメンの観光を楽しんだ後は、

バスで、

アムステルダムへ!!

DSCF0459


バスの時間に間に合わなくて、10分遅れてバス停に到着したけど、

バスが30分遅れてきたので、


間に合った!!

助かった!!

バスで6時間ほどかかったけどね。


夜の9時ぐらいに到着。ぱ~っと市内を散策しました!!

運河と古い建物がライトアップされてて綺麗(*゚▽゚)ノ

DSCF0445

ピカピカしていて、幻想的でしたね。




↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村

メッセージ

名前
本文