イギリス 旅と介護とボランティア(*゚▽゚)ノ

とある介護福祉士のブログ
英国障害者施設でボランティアワークしながら過ごしています。
英語、生活、文化、福祉、介護いろいろ感じたことを書いていきます( ´△`)アァ-

旅日記 スイス

ヨーロッパ旅行4 奇跡のマッターホルン\(^▽^)/

世界には、形を見ただけでわかる2つの山がある。

富士山とマッターホルンさ。

と、利用者さんから教えてもらったのです。

富士山と双璧という山。

マッターホルンをこの目で見てみたい!!!!




というわけで、ゴルナーグラード鉄道にて、3100M地点まで登っていきます。

片道47€(約6000円)なので、下山は歩いて帰ることにしました。


sw002

途中、いくつかの駅を経由して行きます。どんどん進んでいくので若干高山病になります。

IMG_20170827_132716


マッターホルン!!!が、、、雲がかかっている(。´Д⊂) 

3100M地点には、レストランもあります。
が、、、割高なので、駅近くで買ったサンドイッチで我慢。

マッターホルンはこの日はずっと雲がかかっていました。残念。


sw001

眼下には、氷河で侵食された広大なパノラマが広がります。吸い込まれそうです。
しばらく、山頂の風景を楽しんだ後、、、下山。

IMG_20170827_150232

序盤戦は、石ばかりでほとんど緑がありません。
普通のスニーカーでだったので、この時点で足が痛くなりました。



IMG_20170827_160527

30分ほど下山したところ。少し、緑が増えてきました。

sw003
晴れていれば、綺麗な逆さマッターホルンが見える地点です。

マッターホルンはやっぱり、雲がかかっています(。´Д⊂) 。

曇っていて、綺麗には映りませんでしたが一応逆さマッターホルンGET。


IMG_20170827_160753

羊が放牧されていました。鈴が着いているのでリンリンなっているのが遠くまで響いています。


下山開始が午後の2時だったのですが、麓のマッターホルンに着いたのが、午後7時。

途中から、もう、写真を撮る気力もないぐらい疲れ果ててしまいました(笑)

リュックが重い(。´Д⊂) 足が痛くて、爪がつぶれている(。´Д⊂) 

靴はぶっ壊れるし。

残念だったのは、ずっとマッターホルンに雲がかかっていて、
あのとんがった部分を見れなかったことです。


しかしながら、この日は体力の限界を感じ、かつ、バーやレストランが高いので早々と就寝。


翌早朝、日の出前に、再度マッターホルンを見に行きました。

IMG_20170828_064058

しかしながら、またも若干雲がかかっている(。´Д⊂) 
でも、あきらめない。あのとんがった山をなんとしても見たい!!!

粘ること30分!!!

なんと、雲が消えました!!!

IMG_20170828_072135
↑!!!!!

IMG_20170828_071917


朝日を浴びるマッターホルン\(^▽^)/

見れた!!!奇跡\(^▽^)/

この20分後にはまた雲がかかってしまったので、
ほんとに滞在中で全体が見れたのはこの瞬間だけでした!!!
 
あーーーみれて良かった~\(^▽^)/
感無量でした!!!







↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村





ヨーロッパ旅行3 エコでキュートな街 ツェルマット

というわけで、ヨーロッパ旅行3日目はスイス・ツェルマットから、
ゴルナーグラード鉄道に乗り、マッターホルンを見ながらのハイキングです。

ミラノのセントラル駅から、VISPという駅を経由してマッターホルンの麓の町、
ツェルマットに向かいます。

IMG_20170827_070919

ところが、ここでアクシデント、VISPの手前、Bringという駅で降りてしまいました。

やはり、初めての国は、駅名の書いてある看板の表示が微妙に違うので、難しいですね。

気を取り直して、一時間遅れで別の電車に乗りました。

IMG_20170827_110740

ツェルマットが近づくに連れて、勾配が急になります。
石がごつごつしてくるとまさに山が近い感じがします。

IMG_20170827_115841

↑ ツェルマットの駅です。誰かしら、不思議な楽器を演奏していました。
どの建物もベランダに花を植えていて、美しい街並みです。

IMG_20170827_121127
↑ツェルマットのメインストリート

IMG_20170828_075626
↑ ホテルやアパートなどほとんどの建物が、木造で花に覆われていて素敵です。
ツェルマットでは、景観を守るためにガソリン車の乗り入れが禁止されていて、すべてがEV車です。

IMG_20170828_073803
↑ ツェルマットに点在するバイオリサイクル。生ごみの収集所。どこまでもエコです。


ツェルマットは、山間の氷河に侵食された跡地にある街なので、排ガス規制や、こういったエコに対する取り組みがしっかりしていました。ゴミなども全く落ちていなくて綺麗です。(ヨーロッパはどこもタバコのポイ捨てがひどいイメージでした。)

ただ、物価がほんとに高いですね。普通に500mmのコカコーラが3.5€します。スーパーにいっても1.85€でした。

スイスは時給が世界で一番高い国と聞いていましたが、物価もかなり高いです。レストランも20€~のところばかりで、気軽に入れなかったですね(。´Д⊂) 




一通り、街を散策した後、ゴルナーグラード鉄道にて、3100M地点まで登ります。

IMG_20170827_124547

というわけで、次回に続きます。






↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村


 

メッセージ

名前
本文