以前見学させていただいた、
イギリス初の保育園と老人ホームが一緒になった施設の方からお誘いいただき、

ゴールドスミス ロンドン大学の

”ケアイノベーション”会議に行ってきました!

かなり
イギリスの介護の最新の取り組みを聞くことができました!!!


テーマは
子供と高齢者を結び付ける”Intergeneration”(世代間交流) 

盛んに議論されていたのは
ケアホーム等の"community engagement"
(コミュニティへの参画)
です。


イギリスの高齢者は今年の1月に孤独担当大臣ができたほど、孤独、ロンリネスが、社会問題。
また移民の方たちなどは若い世代が多いものの、ローカルなコミュニティにはなかなか参加できないない現状があるということでした。

そんな高齢者と子供たちが集うコミュニティを作り、どう変わったかのプレゼンをたくさん聞けました。

このような活動によって、子供たちは様々な文化体験高齢者は生きがいを見つけることができ、保育スタッフ、ケアスタッフ、にフォーカスがあたり、皆が進歩していくことができると力強く言っていました。

大雑把ですがこんな話をしていました。



7時間のカンファレンスでしたがあっという間で、

英語は難しかったのですが、、、パワーポイントで文章が見れるので何とか理解(汗

見学に行った際には幼稚園の先生だと思っていた方が、博士だったのにはびっくりしました。
と同時にとても尊敬しました。実践重視ですね。

また、その方のおじいさんがホロコーストでなくなっていて、子供たちへの多文化の教育の熱意を感じました。


日本でもだんだんそうなってきてますけど、
ケアイノベーションと言っても、今はケアの方法論とかではないんだな~と。

コミュニティや、多職種、多世代、多文化でいろんな人を巻き込んでケアを考えていく。
そういう流れって世界的なものなのかな~。

日本の事はとてもよく研究されていて、よく比較対象にされていましたね。

具体例こそなかったものの、日本では”intergeneration care”が拡がっていきていると言及していました。


でもその教授、
日本は世代間だけでなくて、ロボットの文化も考えないけどね
なんてジョーク?で言ってましたけどね(笑)

来年もこのカンファレンスがあるそうなので、ぜひ聞きに行きたいな~





↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村