イギリス 介護と福祉とボランティア(*゚▽゚)ノ

とある介護福祉士のブログ
英国障害者施設でボランティアワークしながら過ごしています。
英語、生活、文化、福祉、kaigoいろいろ感じたことを書いていきます( ´△`)アァ-

ガイフォークスナイト(*゚▽゚)ノ(イギリスの花火の日)

サマータイムが終わって、
めっきり暗くなるのが早くなってきました。

ちょっと前まで、夜10時ぐらいまで明るかったのに、
最近は4時には暗くなります。。。


と、同時に、

パンパンパンパン!ドン!ドン!

連日、連夜すさまじい爆音(*゚▽゚)ノ


最初は何なのかわからなかったのですが、3日ぐらい経って、

それが花火だという事に気が付きました。

new-years-eve-2016-london-fireworks-768703



花火は、この時期のイギリスの風物詩みたいですね。


日本だと夏の風物詩ですけどね。
イギリスの夏は夜まで明るいですからね、花火は冬なんですね。


なんでも、11月5日はガイフォークスナイトという事で、

自分の住んでいる地域でも、大きな花火があがりました\(^▽^)/


写真撮ろうと、思ったんですけどね、ピントがあわず撮れずじまい。
夜の写真って難しいっすね(;へ:)





↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村

仮想認知症体験ツアー

先日のCare Showにて、

僕の一番興味を引き付けたのが、

「Virtual Dementia tour」でした。

日本語で言うと、「仮想認知症体験ツアー」でしょうか、、、。


一般の人が認知症の方の感覚を疑似体験できるとのことでした。

レントゲンの検診車のような大きなトラックが展示会会場に入っており、
その中で、疑似体験をしました。

1587208

最初はVRのような、疑似体験を予想していたのですが、、、、

そういったのものではなかったです。

上記の写真のように、

前がほとんど見えないくらい色の濃い特殊なゴーグルと、
ものをつかみにくいほどの分厚い手袋、
靴の中に滑りやすい下敷きを入れて歩きにくくした状態になり
どでかいヘッドホンを装着します。


しばらく、して、手引き歩行で、暗闇の部屋に連れていかれます。

その暗闇の部屋は、緑と赤の光線がチカチカしている空間に、
ソファーと簡易的なキッチンと机と箱がありました。

ヘッドホンからは、目覚まし時計のジリジリという音と、トースターのパンが焼ける音と、救急車のけたたましい音が交互になって、かなり騒々しい。

歩きにくいですし、ゴーグルが視界を遮ってて見えない。

箱の中から何かを取り出せというようなことを言われたのですが、

箱を開けたのですが、箱の中身はなんだかレゴのブロックのようなものが、
たくさん入っていて意味が解らない。

そんなので、どうしたらいいかと思って困っていると、、、

ぬいぐるみを渡されて、スタッフに連れていかれ、ソファーに座らされました、、、。


まったく意味がわからない。。。
混乱と不安。騒音。

その後しばらくして暗闇の中、ただ座っているうちに
このツアーは、終了しました。


この混乱や不安が、認知症の疑似体験ということなのでしょう。

貴重な経験にはなったのですけどね、
何かすこし違和感を感じました。

この体験は、認知症の方を疑似体験するというよりは、

介護施設などの認知症の方を無理やり座らせたり、本人の意思を無視したようなケアをされるとどんな気持ちになるかは疑似体験することはできたのかもしれないですが、


実際の認知症の方の疑似体験ではないなあと思いましたね。


認知症の方は目が悪いわけでは無いですし、
耳が悪いわけもないですし、
体が不自由な訳でもないのに、
なぜそういうシチュエーションを作って疑似体験を謳うのかは疑問でした。。。



しかしながら、この仮想認知症体験ツアーは、
イギリスのケアラーだけでなく、
消防士や警察などにも取り入れられているそうです。



↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村






”Care Show"2017 イギリス最大の介護の展示会に行ってきました(*゚▽゚)ノ

バーミンガムにて、イギリス最大規模の介護の展示会という
Care Show に行ってきました(*゚▽゚)ノ

200以上の企業や団体のエキシビジョン。4つのブースで、ビジネスやマネージメント、ケア、認知症の事を2日間にわたってプレゼンテーションしていました~。

やっぱり、日本の展示会とは若干違うな~という点がいくつかありますね~



IMG_20171010_124224

イギリス最大の国際展示場があるNEC(ナショナルエキシビジョンセンター)です。
前もって予約する必要はありましたが、入場は無料でした。
その場で、登録して入場される方もいました。

IMG_20171010_124504

プレゼンテーションブースは、4会場。
認知症ブースにはケアラーやケアワーカーが多い印象でした。


IMG_20171010_124624

ベッドやソファは、ケアスタッフが持ち上げることが禁止されているので、
いかにリフトを効率よく使えるかがアピールのポイントなんですね。
この辺は、日本と違うなあ~と思います。
リフトや、ホイストのスペースがないといけないのでなにかと広くないといけないです。


IMG_20171010_124717

カーテンや絨毯などの色彩が認知症に影響を与えるんだそうです。
この展示会では認知症をデザインするというプレゼンテーションがよく見られました。
建築家のお話だったので、環境から認知症にアプローチしていこうという事なのでしょうか。


IMG_20171010_124942

日本企業の出店がなくてとても残念でした。

唯一の日本企業がヤクルト。。。
ちなみにヤクルトはイギリスでとてもポピュラーです。
日本語をレクチャーするCMをしてくれているので、
イギリス人は「おはよー」「こんにちは」「またね」を
ヤクルトの広告で知っています。


IMG_20171010_125113

IMG_20171010_125200

マッシュされたポテトや、ミンチされた肉を成型できる型です。
食に関する展示が本当に少ないんです。
本当に、イギリス人は食にこだわりがないなと、、、。

日本の魚の形のソフト食や、野菜の風味、食感を残したようなソフト食が
展示されていたらめちゃくちゃ感動されると思うんですけどね。


IMG_20171010_135201

VRでケアホームや居室や中庭を体験できる仕組みです。


IMG_20171010_135717

皮膚をスクラッチされないように防御するアームカバーだそうです。
こういった、ケアスタッフを守るための装備がありますね。

IMG_20171010_140116

認知症の方の生活を支えるためには
環境を整えることが大切ということで
サインや看板の出店が多かったです。

IMG_20171010_140126

認知症の方が在宅で暮らすための工夫だそうです。
サインや表示に懐かしの写真を入れて本人のものとわかるようにしていますね。

IMG_20171011_115047

かわいい、エプロンや前掛けのお店。
イギリスの国旗もラブリー。


IMG_20171010_140248

回想法のための、懐かしグッズです。
ビートルズは少し若い世代かなと思ったのですが、そうでもないみたいですね。
ビートルズは国民の歌みたいなところがあるでしょうね。


IMG_20171010_141211

ケアシステムです。自分の働いている福祉施設ではまったくデジタル機器が見当たらないので、少しびっくりしました。ケア記録をワンタッチで入力できるとのことです。


IMG_20171011_115151

ROBOT COUPE
ロボットがマッシュポテトを作りますよ~!!!
というマシーンの展示。↓

IMG_20171011_115215

マッシュポテトーーー
ただこれだけか!!!と突っ込みたくなるのです!!
なにがロボットなのだろうか???

自分の施設でも、常食→一口大→マッシュ しかないので、
日本のように刻みだとか、ソフト食のような概念がないのかな~と思いますね。


う~ん。イギリス人に
刻みやソフト食の食感を楽しんでもらおうという発想はないのかもしれません。





↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村



livedoor プロフィール
ギャラリー
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • クリスマスの準備で大掃除です(*゚▽゚)ノ
  • ポピーの花が意味するもの
  • フランス・リールで中世のホスピスを見てきた話