旅する介護福祉士のブログ(*゚▽゚)ノ

とある介護福祉士のブログ
日本で有料老人ホームで働いたあと 英国福祉施設でボランティアワークして
世界を旅して出会った、ベトナム、ハノイの老人ホームで働くことになりました-

イギリスの歯医者さんはデンティスト(*゚▽゚)ノ

今日はレジデンツの定期健診で、歯医者さんに行ってきました。

定期健診なのですが、隣町まで行かねばならず、
車いすが大きいので、ちょっと大変です。


公民館のような作りの建物でした。
やっぱりどこに行ってもレンガ造りです。
レゴが流行るのがわかります。

IMG_20170821_112002

完全に予約制なので人はいませんでした。

日本の国民保険にあたるNHSという制度がありまして、
イギリスでは基本的に医療費は無料です。(ごめんなさい、無料ではなく区分があるそうです。※コメント欄参照)

ただ、保険を使って予約すると相当待たされるらしく、
普通の人は私費の歯医者さんに行くみたいですけどね。

IMG_20170821_112627

診察中は写真取れなかったんですけど、

日本の歯医者さんってハイテクじゃないですか。
紙コップが自動で出てきて、自動で水が注がれたりしますよね。

そいうのは無いです。いたってシンプルでした(笑)
リクライニング式のソファのみ。


IMG_20170821_112604
食べ物の栄養素の分類の表。
イギリスにも栄養素の区分けがあるんだということに、少し驚きました(笑)



IMG_20170821_113736
デンタルケアと認知症のことが書いてありました。
”アルツハイマー協会”がこういったことを啓蒙していました。





レジデンツは、半年に1回ほど定期健診で、ここの歯医者さんに来るそうです。
一緒に行ったレジデンツは、何も問題なく検診が終わりました(*゚▽゚)ノ


うーーん。
公的な歯医者さんだったからかもしれないけど、
とっても、環境的にシンプルな歯医者さんだったです、HAHA


このあと、
歯医者さんのことをドクターって言ったら、
ドクターじゃないよ、デンティストだよ、と指摘されました(笑)




明確な境界線があるのですね。。。





↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村

「ルビーモリー(Ruby murray)」を一体何さ?ロンドンのスラング、コックニーは難しい、、、

先日、BOSSのウィリアムとともに、レジデンツに朝食の介助をしておりました。

「ところで、、、ルビーモリーは好きか?」と、聞かれてですね。

「ルビーモリー???」
さっぱり何のことやらです。

そしたら、レジデンツもこぞって、え~知らないの~
ルビーモリーのことも知らないのか~

と言ってみんなケタケタ笑うわけです。

もちろん、「ルビーモリー」なんて聞いたことはありません。


DSCF9291


ちょろっとずつみんなから、ヒントが出されてですね。

ルビーモリーは食べ物
ルビーモリーはウィリアムは好き。レジデンツは嫌いな人もいる。
ルビーモリーは辛い。
ルビーモリーは中国発祥
ルビーモリーはライスと一緒に食べる。
ルビーモリーはTESCO(スーパー)に売っている。

ということで、結局、何のことかわからないまま、、、
何で笑われているかもわからないまま、、、
その日は終わりまして、、、

ネットで調べても、出てこないんですよね。
綴りもよくわからなかったので、、、


みなさま、、、
「ルビーモリー」わかります?


それで、僕はTESCOというスーパーにあるというので
TESCOでめっちゃ探したんですよ、「ルビーモリー」を。

でもないんです。どこにもない。店員に聞いてもなかったし、よくわからなかった。


結局、次の日、僕は
「「ルビーモリー」ってなんだよ!TESCOにも売ってなかったぞ!!!
と聞いたら、



「ルビーモリー」って、







なんと、「カレー」の事なんですって。
綴りは ruby murray ですって。
(TESCOの店員は正しかったっす。)

てかね、これね、
コックニーという、イーストロンドンのスラングなんだそうです。



わかるわけないです。
だってさ、
カレーは中国じゃなくてインドでしょ~。
まったく(゚ー゚)!




それ以来、
コックニーで僕を惑わす遊びが流行っております(。´Д⊂) 

やめてくれ~(。´Д⊂) 







↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村

西洋人が日本文化を盗用することについてと、日本の休みの取りにくさの話

今日はデザインの大学に通うAlixさんの論文のために、
西洋人が日本文化を盗用することについてどう思うかというインタビューを受けました。

例えば Katy Perry’s 2013 American Music Awardsは文化の盗用と感じるか?というような質問から始まって、移民の問題、日本の労働環境の問題など、,,,てか、よく、英語で話してたな。頑張った。


IMG_20170822_194130

日本人は洋楽のアーティストが着物をきて登場したら、文化の盗用なんて思わないし、むしろリスペクトしてくれてありがとうと思いますけどね。間違った日本文化も微笑ましく見ていますけどね。

ただ、長年、海外に住んでいる日本の方はまた違って思うのでしょうか。
いろんな話ができたけど、興味深かったです。


その後、いろいろ話をしていて、労働環境の違いの話になって、

「日本は長期休暇なんてめったにとれないよ」って言ったら、
「日本では働けないよ~」って言ってました。そりゃそうだ。


イギリスではケアワーカーでも3か月ごとに1週間程度の有給休暇がほんとに普通に貰えていてびっくりしました。
この休暇の取得の感覚は日本とはまったく違って、休みがとりやすいなあと感じます。

でも、普通の企業は5週間とかまとまって休みが取れるので、バラバラでの休暇になってしまうので現場のスタッフは若干不満げなんです。


自分の施設は、
ポーランドから来ている人が多いので、いつも誰かしらポーランドに帰ってますね。
それ以外の人も、いろんなところにいってます。
この間ロングホリデーをとったと思ったのに、また?みたいなことがしょっちゅうです。


日本だったら、人足りない休めないの悪循環なのにね、、、。

なんで、こんなに違うのでしょうかね~???





↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村

というわけで、明後日から、僕も10日間のホリデーを頂けました\(^▽^)/


メッセージ

名前
本文