イギリス 介護と福祉とボランティア(*゚▽゚)ノ

とある介護福祉士のブログ
英国障害者施設でボランティアワークしながら過ごしています。
英語、生活、文化、福祉、kaigoいろいろ感じたことを書いていきます( ´△`)アァ-

フランス・リールで中世のホスピスを見てきた話

サッカー観戦の合間に、リール市内を早朝から深夜まで観光してきました(*゚▽゚)ノ

その中でも、I'Hospice・Comtesse(オスピス・コンテ)美術館が素晴らしかったです。

というのも、この美術館はもともとは中世ヨーロッパのホスピスだったんだそうです。

この”オスピスコンテ”は、もともとは旅人を歓待する場で、そこから、ケアや看病をしていった場所であり、時代によって宿泊施設だったり、病院だったり、老人ホームや、孤児院として存在してたんだそうです。

今は美術館やブティックとしてこの建物が使われていますが、美術館内や広場、建物の作りから、何百年も前の人達の息づかいが聞こえてきそうになりました。


IMG_20171110_115730
道路側は、ブティックやお土産屋さんになっています。


IMG_20171110_120458
内側にくると、時代を感じます。
天井と窓が高いので、解放感を感じます。

現代の病院や老人ホームに通ずるところがあります。

むしろ、よくある無機質な現代の病院よりも、
何百年も前からあるこちらの建物のほうが癒されますね。

アンティークの家具等は無機質な感じがしないのでとても良いですね。

IMG_20171110_121935

IMG_20171110_122056

薬草(ハーブ)が植えられています。

フランス革命以後、第一次世界大戦までは、老人ホームと孤児院として機能していたそうです。
病気の人は病院へ連れて行ったとのことなので、病気とは区別されていたようです。

IMG_20171110_122115

ホスピスとは、元々は中世ヨーロッパで、旅の巡礼者を宿泊させた小さな教会のことを指した。そうした旅人が、病や健康上の不調で旅立つことが出来なければ、そのままそこに置いて、ケアや看病をしたことから、看護収容施設全般をホスピスと呼ぶようになった。(ウィキペディアより)

だそうです。

現代のホスピスとはまた少し意味合いが違うようですね。

いろいろ調べてみると、
そもそもホスピスとはラテン語で「旅人」を意味していて、
そこから「ホスピタリティー」→もてなし 「ホスピタル」→病院 「ホテル」→宿 
など、様々派生語があるそうです。


IMG_20171110_121339
キッチンです。タイルが貴重なのだそうです。


IMG_20171110_121303
食堂でしょうか、どでかい暖炉が温かそうですね。



001

礼拝堂です。
当時の苦しみを逃れるためにここに来た人にとってこの場所は計り知れない意味を持った場所だったに違いないですね。。。

いろいろ考えていくと、
病院や施設でのケアってキリスト教的な要素が入っているんだなあと感じました。


明治以前の日本のケアや病院はどういった形だったのでしょうかね。
やはり、仏教が緩和ケアに関わっていたのでしょうか。
う~ん。
知らないことがたくさんあって恥ずかしいです(;へ:)



IMG_20171110_200153



IMG_20171110_195645

旅の最後はフランドル地方の地ビールと郷土料理で締めました(*゚▽゚)ノ
黒ビールで煮込んだ牛肉のシチュー他3品

めちゃくちゃとっても美味しかったです\(^▽^)/



↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村

フランスで日本とブラジルのサッカーの試合を観た話

というわけで、

フランスリールに降り立ちまして、、、
ブラジルとサッカーの試合を見てきましたよ(*゚▽゚)ノ

IMG_20171110_072738
リールの駅前にあるモニュメントです。
草間弥生さんの作品だそうです。



IMG_20171110_150306
リールのスタジアムです。
明け方から、リールの町を目いっぱい観光してスタジアムに行ったんですが、
リールってコンパクトにいろんなものがまとまっていて楽しい町です。

街をあげて芸術や再開発に取り組んでいるのがとても伝わります。
スタジアムもなかなかすてきでしたね(*゚▽゚)ノ

IMG_20171110_144902

肝心の試合ですが。。。
早々に、日本がPKから失点してしまって調子が狂っちゃいましたね。

特にネイマールとマルセロは別次元でした。


IMG_20171110_131522

序盤に3失点されちゃうとね。どう見ていいかわからなくなります。
ブラジル人だけでなく、たくさんのフランス人が見に来ていました。

こういうときに活躍できるともっとアピールできるんですけどね。
いろいろついてない部分もありました(;へ:)





↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村

バスでロンドンからフランスに行った話(*゚▽゚)ノ

という訳で、

日本×ブラジルのフットボールの試合を見るために、バスでフランスのリールに行ってきました。

とにかく安く行きたかったので、車内泊→観光&観戦→車内泊 という過密スケ。

ですが、往復38£は破格。ユーロスターだと80~130£でした。

イギリスでは長距離バスの事をコーチと言います。

行きは23:30ロンドン発→朝6時リール(フランス)着


海があるのにどうやってバスで行くのかと思ったら、、、

なんと、バスまるごと貨物列車に乗るんです((o(;△;)o))


IMG_20171110_201639

ビクトリアステーション内のスタバ。
空港のように電光掲示板に各バスの行き先が表示されます。


IMG_20171110_020750

ロンドンから1時間半ほどで、海峡の手前に到着。
海峡手前の休息所で、待機&休憩。パスポートのチェック。

IMG_20171110_030755

いよいよバスまるごと電車に乗ります。
ちなみにバスは2階建てです( ´艸`)


IMG_20171110_033729

わかりにくいと思いますが、この状態で、ガンガン揺れています。
トンネル内を通過中です。海の下です(笑)

2階建てバスまるごと電車に乗るなんて素敵すぎますね。
青函トンネルでもできないのですかね???トンネルの大きさが違うのですかね??



バスだからなんでしょうか、出国時、入国ともに手荷物検査はありませんでした。
イギリスからフランスへの出国時は簡易なパスポートのチェックだけでフランスに行けました。

フランスからイギリスへの入国時は、入国審査をしっかりされました。
ちょっと緊張しましたね~(*゚▽゚)ノ





↓ランキングに登録しています。応援していただけると本当に嬉しいです(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  ロンドンランキング  にほんブログ村 介護ブログ 介護職へにほんブログ村


livedoor プロフィール
ギャラリー
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • ウィンターワンダーランドに行ってきた話
  • クリスマスの準備で大掃除です(*゚▽゚)ノ
  • ポピーの花が意味するもの
  • フランス・リールで中世のホスピスを見てきた話